CLT BLEND COFFEE by Bucyo coffee

2018年02月27日

東海クロス最終戦WNPレースレポート

DSC_8302
photo by kikuzo

国内に3つしかない珍しい河川砂丘でしっかりとした形が残る河川砂丘として唯一残るのがWNPことワイルドネイチャープラザのあるここ祖父江砂丘。他2つの砂丘はほぼ草木に覆われ現状を残しておらず、3年前シクロクロスが開催されたことで草木が生えず砂丘の形を残していると言われていますが自転車レースが地域貢献している珍しいケースですね。C1ライダーなら95%乗車していけるのもこのWNPの特徴でもあります。過去最高のエントリー数で非常に盛り上がった東海シクロクロス最終戦のレースレポートをお届けします。

159A4250
photo by M. Hattori

DSC_0794
photo by youkan_0045

'17-'18シーズン自分のレースを振り返ると準備もできずただレースを走るだけで内容もリザルトも散々だったけどまぁ自転車続けてたらそんなときもありますね。その分子供が自転車に楽しんで乗ってくれるようになったのでよし。前回JCX愛知牧場を怪我で見送り、ここまでトレーニングはほとんどできずAACA CUP、平田クリテで調整し何とか走れるまで戻ったのかな。レース中にコンディションの変わるので試走も程々にいつものルーティンで談笑しながらアップをはじめ心拍をしっかり上げてAthletune赤を流し込みコールアップへ。

159A4854
photo by M. Hattori

DSC_7855
photo by kikuzo

DSC_7861
photo by kikuzo

今回最終戦は関西からのエントリーも多くC1のみで55名がエントリー。WNPにおいてもこの人数は初でしたが当然このWNPの砂を攻略するにはスタートが重要で、集団に埋もれてしまったら余計な体力も使うし、落車の恐れもあるので当然ホールショットを狙う。当然みんな考えは一緒で第一コーナー直前までフルスプリントし見事一番で第一コーナーに突っ込む事ができたのでまずはレースの主導権を握る。

DSC_7954
photo by kikuzo

DSC_0994
photo by youkan_0045

怪我もまだ完治しておらず、他ライダーと比べるとフィジカルにもかなりの不安があったのでホールショットを獲った後は後続にパスされても無理せず淡々と。序盤の混相を抜け出せたのでレッドゾーンに入らないギリギリのところで一周回を追えると10番手以降はかなりの差が開く。パワーがないのでコーナーあけで砂に負けて何度か転倒してしまうシーンがありましたがここは冷静に対処しとにかく基本に忠実に!

DSC_8139
photo by kikuzo

DSC_1067
photo by youkan_0045

レースも中盤になると砂区間は疲労の蓄積と比例しレコードラインができあがる。ここがとても重要で、やはり上位を走るライダーがほとんどがXCOライダーでしたね。なぜXCOライダーは起伏のあるWNPの砂が強いのか。いろいろ要因がありますが、しっかりコースを見極めスピードの緩急がコントロールできることだと思います。中盤は伊澤勇大選手とのパックでレースを進めるなか平地の砂区間で少し分があったのでパスし、単独5位で終盤へ。

DSC_8094
photo by kikuzo

DSC_8372
photo by kikuzo

DSC_8406
photo by kikuzo

その後は4位の背中が見える10秒差まで迫るもやはり僕の体力も限界で、とにかく無駄のない走りを心掛け単独5位でフィニッシュ。フィジカルはすぐですが体得したテクニックは一度習得すると身体が憶えているのでなかなか衰えない。感覚的には砂はダウンヒルに近いのかな。今回のリザルトはまさにそれで今までダートで蓄積してきたバイクコントロールスキルやテクニックが活きたレースでした。

159A5055
photo by M. Hattori

そしてやはり、僕の少ないバイクスキルを補ってくれる機材が今回の好走を支えてくれたといっても過言ではありません。砂が好きという方は少ないと思いますが、レースだから砂が好きという方は多いと思います。僕もその一人。IRC TIRE SERAC CX EDGEにOVERDRIVE2搭載のGIANT TCX ADVANCED PROはフィジカルのない僕にとって間違いなく砂ではかなりのアドバンテージを感じました。

DSC_8877
photo by kikuzo

昨年は総合3位を狙い惜しくも4位でフィニッシュし、今年は完全に思った通りのレースができず総合5位で最終戦を迎えてましたが、まさか3位のオッチー君と4位の大原さんがレースを落としたので棚ぼたで総合3位を獲得。3位に関しては全く狙っていなかったのでかなりのサプライズで、今シーズンは一度も表彰台にあがる走りができなかったので素直にこの3位は喜べませんがこれもマスターズの年齢の僕がC1チャレンジをする楽しみ方でしょうか。この一年サポートして頂きました企業様、そして家族とチーム、毎度ご声援をいただける皆様のおかげですね。一年間本当にありがとうございました!!

バイク GIANT TCX ADVANCED PRO
サイコン GIANT NEOS TRACK
ホイール
F & R sfiDARE 38o PASSERO DISC(セカンドバイクは前後ともにGIANT P-CXR1 WheelSystem)

メインバイク
F IRC SERAC CX EDGE 1.5bar、R IRC SERAC SAND 1.5bar
セカンドバイク
F IRC SERAC SAND 1.5bar、R IRC SERAC SAND 1.5bar

アイウエア CLT Sychriイーグルビュー
ウエア CLTプロフィット半袖ジャージ、プロフィットビブパンツ
シューズ SIDI TIGER
補給食 Athletuneエナゲイン(レース前20分、レース直前)



posted by HATCH at 11:26| Comment(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。