CLT BLEND COFFEE by Bucyo coffee

2017年12月19日

東海CX第4戦WNP エディメルクスCUPレースレポート

DSC_4988
photo by kikuzo

僕らしくない、というかとにかく中途半端な気持ちで臨んでしまった全日本シクロクロスマスターズ選手権から一週間。自分だけならまだしもシクロクロスはたくさんのサポートがあってのチームスポーツ。部長、そしてピットに入ってくれたともやんさん、植田さんや山田夫妻に申し訳ない気持ちがいっぱいで、とにかく学びの多かった全日本から気持ちを切り替え臨んだ東海シクロクロス第4戦エディメルクスCUPのレースレポートをお届けします。

DSC_4631
photo by kikuzo

前回レースでドベだったわが息子。とても悔しかったようで、そこから少し気持ちを切り替えレースを楽しめるよう親としてアドバイスをして臨みましたがバイクの性能もあり見事人生初めてのポディウムをゲット。ドベから3位なので少しは自信になったかな。そんな我が家にとって大事なレースのあとは間髪なくC1レース。アップはもちろんゼッケンも貼ってない状態で慌ててコールアップ。子供のレース中トイレも我慢していたのでコールアップ後慌ててトイレに駆け込んだのはここだけの話。
子供には前だけ見て頑張れ!ただそれだけ。それは自分に言い聞かせているような声援でしたが、子供が頑張ったので次は僕の番。今日のコンセプトはただひたすらレースを、砂を楽しむ。とてもシンプルな事を気付かせてくれた全日本ですがやはりレースは色んな気付きとトライ&エラーがあって面白いですね。

DSC_4738
photo by kikuzo

DSC_4746
photo by kikuzo

そんなポジティブな心境のなか定刻通りの号砲でスタートしたC1レース。今回エディメルクスCUPということでいつもの東海C1ライダーに愛三 小森選手や竹内遼君、小野寺健選手など遠征組も多く豪華メンバー。今シーズンはホールショットを封印していたけどやはりレースを楽しむにはホールショットからということで、第一コーナーは僕がいただきました!第一コーナーを抜けると深くてフカフカでとても重い砂。一気に心拍が上がるわけですが、アップをしていないので失速し一番砂が深いドームへは5番手で突入。

DSC_4832
photo by kikuzo

アップ不足の身体にワイルドネイチャーの砂はこたえますね。すぐに心拍も脚もレッドゾーンに入ってしまうので松宮君が見える位置にいるものの自分のいけるペースで淡々と走る。ホールショットを獲ったおかげで前を塞ぎるライダーがいないので、とにかく無理せず乗車、ランの見極めを判断し序盤は気持ちも身体もあがってくるまで我慢の走り。

DSC_5167
photo by kikuzo

DSC_4930
photo by kikuzo

DSC_4934
photo by kikuzo

そうこうするうちに5位争いをする僕と愛三 小森選手のパック以降はかなりの差が開き、ここからはJPT選手とのサシでの勝負。彼との比較は大変失礼でIRC TIRE CUPでも実証済みですが年齢、練習量、フィジカルと全てにおいて下回るわけです。でも砂って面白いですね。中盤まで抜きつ抜かれつの攻防を繰り返していましたが、どうも深い砂は苦手なようで失速するもパワーでリカバリーしているのが手に取って見える。

DSC_5223
photo by kikuzo

そんな攻防を繰り返すなかIRC TIRE SERAC CX EDGE PROTOとOVERDRIVE2やアシンメトリーのチェーンステイを搭載するTCXは間違いなくアドバンテージでした。フロント剛性が高く、しっかりトラクションが掛かってくれるので深い砂に負けない。中盤以降身体にエンジンがかかってからも、僕の足りないパワーとテクニックを補ってくれ結果小森選手を突き放せましたがこれは間違いなく機材のおかげですね。

DSC_5080
photo by kikuzo

C1なら乗車率95%のワイルドネイチャープラザ。後半はレコードラインができよりスムースに走る事ができましたが砂とは非対称で高速な森区間ではやはりSERAC CX EDGEがいい仕事をしてくれる。砂区間も堅い場所が多かったのでアドバンテージをとって今回空気圧もそこまで下げず前後ともに1.6barで走りましたが、もちろんトラブルフリー。IRC TIRE CUP、全日本、そして今回のWNPとあらゆるコンディションで走りましたがもう僕にはなくてはならないタイヤになりました。

DSC_5359
photo by kikuzo

今回実はチームには事前に話していましたが週中にギックリ腰で腰を痛めてしまい出走すら辞めようと思っていたけど走ってよかった。やっぱりレースは楽しいですね。出るなら全力で楽しまないと、ということでやはり東海シクロクロスの雰囲気は最高。会場至るところからたくさんのご声援を頂き、最後はオーディエンスに迎えられ4位(14%)でフィニッシュ。ここ最近体調不良などでまともにトレーニングも出来ていませんでしたが今シーズン初の25%以上のリザルトに満足です。本当に沢山のご声援ありがとうございました!

DSC_1955
photo by kikuzo

さて年内最後のシクロクロスを終え、2018年初のシクロクロスレースは1月14日東海CX第5戦 初の会場となる大野極楽寺公園です。えぇ実はこの日は僕の誕生日でして…東海CX実行委員会委員長山田さんから公認して頂きハッチィ CLT CUPと称し、記録より記憶賞として各クラスに賞品をご用意致します。皆さん愛知牧場に目が行きがちですがこちらもたくさんのエントリーお待ちしてます!2018年最初のレース盛り上げていきましょう!!

2018 1.14 sun 東海シクロクロス第5戦 大野極楽寺公園 HATCH CUP

バイク GIANT TCX ADVANCED PRO
サイコン GIANT NEOS TRACK
ホイール
F & R sfiDARE 38o PASSERO DISC(セカンドバイクは前後ともにGIANT P-CXR1 WheelSystem)

メインバイク
F IRC SERAC CX EDGEプロト 1.6bar、R IRC SERAC CX EDGEプロト 1.6bar
セカンドバイク
F IRC SERAC CX 1.6bar、R IRC SERAC SAND 1.6bar

アイウエア CLT Sychriイーグルビュー
ウエア CLTプロフィットワンピース
シューズ SIDI TIGER
補給食 Athletuneエナゲイン(レース前20分、レース直前)



posted by HATCH at 10:46| Comment(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。