CLT BLEND COFFEE by Bucyo coffee

2017年07月25日

平田クリテ第7戦レースレポ

DSC_6488
photo by kikuzo

今や僕にとっては全日本マウンテンバイク選手権より大事な平田クリテリウム。この日は大事なレースが被ってしまったので僕らは次世代につながる動きを。平田クリテ確実にキッズ、ジュニア層が増えています。昨今は小学生クラスは常に50人を越える人気ぶりで、そしてあのキャンセル待ちの行列。自転車業界全体にぜひ生で見てほしいと思うくらい今回の平田クリテは特に盛況ぶりでしたが、そんな平田クリテリウムだからこそコンディションが悪くても力入りますよね。スタートと同時にゲリラ豪雨という波乱の幕開けとなったC1レースのレースレポをお届けします。

DSC_6389
photo by kikuzo

6月に患ったギックリ腰の影響でなかなか思うようにトレーニングが出来ず金曜のロードワークは負荷を下げて何とかな状態。C2の30分の間にいつものルーティンでアップを始めるものの身体が重くいつもの2/3で終了。
そんななかいつものみんながやってる風景を遠巻きに見ていた、最近3本ローラーに乗れるようになった子供がローラー乗りたいというのでスイッチして見守る。子供は大人のやっていることがやりたくなるんですよね。3本ローラーの効果があったのか初めての3位入賞というサプライズに肩を押されレースへ。

DSC_6476
photo by kikuzo

DSC_6483
photo by kikuzo

定刻の号砲とともにスタートした平田クリテ最高峰クラスC1レース。さて!というところでスタートとほぼ同時にゲリラ豪雨。一瞬で超ウエットですね。ドライコンディションを想定したので僕の足元を支えてくれるsfiDARE WHEEL+IRC TIRE FORMULA PRO RBCC 25Cは前後ともに8.0barとあの路面ではなかなかの高圧セッティングなので頼るのは今までの経験と感覚のみ。
作戦的には身体が動くまで序盤はスローに行こうと思っていましたが、こうなってしまうと落車のリスクも高くなるので、作戦を切り替え序盤2周目のスリッピーな第2コーナーでアタックを掛けると10秒差くらいの逃げが決まる。これは残念ながら吸収されるもやはり落車するライダーはやはりそれなりの動きをしているので、なるべく近づかず前々で展開し中切れが起きるよう各コーナーは基本であるスローインファストアウトを徹底しパワーを使わずコントロール。

DSC_6564
photo by kikuzo

しかし写真で見るとスゴイ雨ですね…。総合力が試されるコンディション。感覚的にはほぼシクロクロスに近い状況だったので超スリッピーな路面に対する状況判断、ライダーとの間合い、ブレーキング、コーナリングとあらゆるスキルが問われるが何より楽しいですね。

DSC_6623
photo by kikuzo

DSC_6639
photo by kikuzo

そんななか中盤疲れもあり後方に下がってしまったのがいけませんでしたね。雨は上がるものの中盤以降第一コーナーは油が浮いてきたのか。かなり序盤よりスリッピーな路面になっていて、路面状況の変化に対応できなかったライダーの後ろに位置取ってしまい、その第一コーナーで前走者二人が目の前で落車…。危なそうだったので車間を空けていたので幸い巻き添えにはならなかったけどクリートも足から外れ完全停止…。そして当然ですが前を見るとアタックが掛かり集団に分かれ二つでかなりの差。

DSC_6737
photo by kikuzo

DSC_6710
photo by kikuzo

DSC_6680
photo by kikuzo

位置取りが悪かったのは落車したライダーのせいではなく自分のせい。辞める理由を探すのは簡単だったけど諦めずレースをしてよかった。アタックかける以上にとにかく集団に追いつくまできつかったけどダートで培ったあらゆるテクニックを駆使し最終局面までリカバリー。

DSC_6758
photo by kikuzo

そんなこんなでラスト2周。ここまで人数が削られると欲が出ますね。回復した後は残るライダーの動きを観察しながら何とか自分が有利になる位置でレースを運ぶ。この写真は最終周前のホームストレートですが、後方に下がるとフィジカルのない僕は不利になるのと落車のリスクも増えるのでこのまま最終周のバックストレートまで前を引き後は6番手くらいに下がり前回に引続き珍しくスプリントに備える。

DSC_6770
photo by kikuzo

DSC_6774
photo by kikuzo

慣れていないスプリントということでちょっと早掛けでしたね。完走者10人程度の超々サバイバルなレースはベンド山田さんが制し川瀬さんに次ぐ僕は3位入賞でフィニッシュ。とにかく落車からの集団復帰が一番きつかったけどそのおかげで平田クリテ完走率を上げる事ができ3位入賞のオマケつき。信頼の足回りと相成り最近プロペルらしい走りが出来るようになってきました。ジロ、ツール大活躍なGIANTですがやはりナイスバイクです。

IMG_1204.jpg

今回予想していなかった突然の大雨。CLTスポーツアイウエアSychriのプロトテストも一緒にできましたが雨やしぶきで舞い上がるゴミからしっかり目を守ってくれていい仕事をしてくれましたが、最高カテゴリーC1のみだったのが幸いでしたね。1位の山田さんは最近積極的にマウンテンバイクを楽しみ、そして川瀬さんは昨今シクロクロスに力を入れるC1レーサー。やはり見ていて雨での走行に安定感がありましたが、この結果を見るとやはり必要なものが見えてくると思います。雨のなかたくさんの声援ありがとうございました!

バイク GIANT PROPEL ADVANCED SL
サイコン GIANT NEOS SYNC
ホイール FRONT 38o sfiDARE PASSERO
ホイール REAR 50o sfiDARE AQUILA
タイヤ IRC TIRE F FORMULA PRO RBCC 25C 8.0ar R FORMULA PRO RBCC 25C 8.0bar
アイウエア CLT PROTO Sychri EAGLE VIEW
ウエア CLT プロフィット半袖ジャージ、プロフィットビブパンツ
シューズ SIDI WIRE CARBON LUCIDO

posted by HATCH at 07:17| Comment(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: