CLT BLEND COFFEE by Bucyo coffee

2017年05月18日

SDA in 王滝に向けて

IMG_6649.jpg

前回アシモ100qチャレンジは今でも鮮明に覚えていますが、今回は前回の経験も踏まえブースもあるので42qをチョイス。前日のフィッシングも含め前回同様特に気張らず自然体でアドベンチャーレースを楽しもうと思っています。距離は短くなりますがどんなトラブルが起こるかわからないので昨年の経験を踏まえいろいろと準備をしています。今日明日とショップに行けばまだ間に合う?!今もなおいろいろ準備進めていますが僕の王滝の準備をご紹介させて頂きます。


SDA in 王滝の準備1
備えあれば憂いなし。シーラントが泡状になっているIRC TIREファストリスポーンはバルブに入れた瞬間一気にタイヤ全体に行き渡るので液状と比べてもパンク箇所をリペアする能力が高い。チューブレスタイヤ超愛好家の僕にとってダート、オンロード問わず必ずポケットに入れているアイテムです。

IRC TIRE FAST RESPAWN


SDA in 王滝の準備2
トレイルライドでも大活躍のUSWEのAIRBORNE3。USWE独自の「ノーモアダンシングモンキー」構造はとても優秀でハードにダウンヒルしてもバツグンのフィット感。
当日は付属の2Lのリザーバーには半分の1Lの水分を入れ、本体から取り外し可能な荷室と本体の余白部分に補給食と工具などリペアキットを装備しようと思います。サドルバッグのみの最小限の装備で行くのもいいけどやはりバックパックがあると安心。トレランにもオススメの軽量モデルです。

USWE AIRBORNE3


SDA in 王滝の準備3
寒暖の差が激しいこの時期の長野エリア。汗がこもって身体が冷えるのは厄介なので基本は速乾性の高いアイテム中心にレイヤードで調整します。インナー、半袖ジャージ、ベスト、アームカバー、ニーカバー。長袖ジャージは現地の気温に応じてバックポケットに忍ばせていく予定です。メット、シューズはもちろんKABUTOとSIDI。レンズは困った時のEAGLE VIEWです。

CLT EAGLE VIEW


SDA in 王滝の準備4
27.5のGIANT XTCに乗るようになって更に好きになったIRC TIRE MIBRO for MARATHON TLRを前後にセットアップ。転がりの良さはもちろんですが一番気に入っているのはしなやかで腰砕けしないサイドノブ。タイヤ幅が2.25と29erよりボリュームがあるので、タイヤが横への滑り出しをいち早く教えてくれるので27.5のコントロール性能と相成ってハードな王滝のダウンヒルも安全に楽しめます。
ウェットコンディションなら新発売のオールマイティなSERAC XCを装着予定ですが週末の天気は大丈夫そうですね👌 話題のSERAC XC TLRは価格も5,500円と他のIRC TIREよりリーズナブルでオススメです。バイク、乗り方によってタイヤのセレクトは異なりますがぜひお試しください!

IRC TIRE


SDA in 王滝の準備5
レースの準備以上に準備が必要なBUCYO COFFEE/CLTブース。初めて会場に来られる方もいると思いますので事前に営業時間をご紹介させて頂きます。
前日5月20日(土)は昼準備が出来次第オープンし21時まで営業予定。大会当日5月21日(日)は3時から営業し暖かいコーヒーとスパゲティをご提供させて頂きます。レース後はプロテインでリカバリーもお忘れなく!パトライトがオープンの合図です。ぜひご活用ください。


SDA in 王滝の準備その6
エンデュランス競技に欠かせない補給食はやはりATHLETUNE 。レーススタート前の赤、レース中の黒、そしてレース後のリカバリーに青。僕は今回42kmなのでこれで大丈夫かな。ゼリー状のATHLETUNEはとても喉通りもよく胃もたれもなく何より美味しいのでMTB、CX、ROADと全ての競技に愛用していますが、40オーバーの身体にもとても優しいエナジージェルです。
当日はBake shop FIKAのプロテイン入りエナジーケーキもサポート頂けるようなのでそちらも楽しみです。今回の王滝のテーマは楽しく安全に。

ATHLETUNE

map

当日の天気はとても良さそうですが最高気温30℃とかなり気温は上がりそうですね。42qは午前中で終わるものの100qはかなり過酷になりそうなので、補給食だけでなく各CPでこまめに水分を補充をしておくといいかもしれませんね。ついつい先を急いで補給を忘れがちですが30℃となると熱中症含めかなり危険です。では当日会場で皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

posted by HATCH at 12:17| Comment(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: