CLT BLEND COFFEE by Bucyo coffee

2017年04月21日

PEDAL MARK総括

IMG_9406

おかげさまで定員に達し無事開催する事ができましたPEDAL MARK。平日じゃなければ!沢山の方からお言葉頂きましたが参加いただけなかった皆様本当に申し訳ございません。なぜ平日か、これには色々意図がありますがわざわざ有休をとってまで参加いただいた皆様にはご理解いただけたと思います。今回の価格設定も含め儲けだけを考えたらまず平日に開催することはないわけですが、東海のサイクルシーンに新たなスタイルが確立できたということでこれはお金には代えられない価値観を参加して頂いたお客様、新城市の皆様と一緒に共有できたのではないかと自負しています。関わって頂きました皆様本当にありがとうございました。

IMG_9421

IMG_9165

IMG_9294

IMG_9242

参加者はバリバリのプロレーサーをはじめ、わざわざ有休をとって参加頂いたホビーレーサーの方、普段ツーリングを楽しむライダーの方、休日のイベントに出られないライダーの方、業界の方、行政の方とそれぞれで、車種もMTB、CX、ROAD、ランドナーとそれぞれ。まさにBUCYO COFFEE/CLTが活動当初から思い描くクロスオーバーな空間のなか前夜祭、PEDAL MARKと二日間楽しんで頂けたようです。
イベントは社交場。僕らBUCYO COFFEE/CLTがバリバリのレーサーと思う方も多いようですが、実はそうではなくレースイベントはまさに沢山の方がクロスオーバーする社交の場だと思っていてレースのリザルト以上に沢山の方と関わり合うのが大好きなんですよね。でもレースとなると、やはりそれを敬遠する方も多いのも事実で、それが打破できないかという所からもう何年もトライ&エラーを繰り返しPEDAL MARKというイベントを立ち上げる事になったわけです。初めて会う方が自転車をキーワードに何の壁もなくスッとその輪に入り込む光景を目の前で見てやはり嬉しくなりましたね。

IMG_9378

IMG_9508

IMG_9261

そしてPEDAL MARKを開催するにあたり一番大事なのが僕らを受け入れてくれる場所。ここがとても大事になりますがDaMONDE山田さん、早川さんはじめ新城市の皆様とは3年前のDaMONDE TRAILをきっかけに得体の知れない僕らBUCYO COFFEE/CLTを快く迎い入れて頂き、そしてバックアップして頂くなか新城市さんと一緒にサイクルスポーツを普及していくなかテーマに出たレースフォーマット以外の自転車イベント。ここにも数々のトライ&エラーがありましたがDaMONDE山田さんや早川さんはじめ沢山の方に辛抱強く付き合って頂きPEDAL MARKにこぎつけました。新城ラリーを含め僕ら以上にアウトドアアクティビティーを通したスポーツイベントに精通する新城市さんとベクトルが同じ方向にむいていたことも、形にする事ができた要因だったと思います。

IMG_9196

IMG_9302

IMG_9245

残念ながら僕自身はシミュレーションライドのみで当日のPEDAL MARKは走る事ができませんでしたが、MTB、CX、ROAD、TOURING、RUNなどそれぞれのエキスパートの方々がジャンルの垣根を越え同じフィールドで本気で遊ぶイベントは初めてだったのではないでしょうか。スマホ全盛期で便利になった世の中で大の大人が地図と睨めっこし、毎週のように新城を走りまくるローカルライダーですら行ったことがなかった場所も多々あり、走り応えのある新城のフィールドはもちろんどんなバイクでも走れますが、レース以上に最新の機材の有効性を感じられるイベントだったかもしれません。将来性や新たな可能性を信じ今回ご協賛いただいたGIANT様、井上ゴム工業株式会社様ありがとうございました。

FullSizeR.jpg

普段なら絶対一緒にならないライダーが一緒のフィールドで走るととてもとても面白い化学反応が起こる。ゴール後のライダー、チーム同士の会話がとても面白かったですが新たな可能性を感じた2日間でした。今回皆様が活用したMAPは新城市さんからの門外不出のお土産です。ぜひ普段のライドにもご活用頂けたらと思います。ついに自分が走らないイベントを手掛けてしまいましたが走らなくても大満足だったのも事実。引続きBUCYO COFFEE/CLTを宜しくお願い致します。そして改めてお礼申し上げます。関わって頂いた皆様本当にありがとうございました。

posted by HATCH at 13:55| Comment(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: