CLT BLEND COFFEE by Bucyo coffee

2017年04月18日

平田クリテ第4戦レースレポ

DSC_7053
photo by kikuzo

残念ながら先月は雨のために中止になってしまったので待ちに待った平田クリテリウムといった感じでした。約2qのスクエアなコースだからこそゲーム性も高く、ここで勝つためにはやはりアタック合戦に自らも参加しないといけないわけですがここ最近10代のライダーの成長も著しく、レース自体もかなりハイレベルになっているような気がします。今ローカルレースがアツい!ということで平田クリテ第4戦レースレポをお届けします。

DSC_6207
photo by kikuzo

DSC_6512
photo by kikuzo

今回の表彰式より賞品を表彰状にさせて頂きましたが、実は紙質にもこだわり作った表彰状は勝った人にしか体感できないということで僕自身もぜひ勝ってSNSで自慢したいところ。もともと平田クリテには表彰式はなかったのですが、勝った人を称えるためにBUCYO COFFEE/CLTが独断でやらせて頂いたのが始まりで今ではなくてはならない?ものになっていますね。いつものルーティンでアップを開始し、子供のレース、表彰式と毎度お馴染みですが慌ただしいなかでC1レースを迎える。

DSC_7887
photo by youkan_0045

DSC_7919
photo by youkan_0045

PEDAL MARKの準備、新しい企画のMTG、通常業務など4月に入りバタバタだったせいかCXシーズンより明らかにトレーニング量はトーンダウンするなか、C1に参加するライダーはいよいよシーズンも開幕という事で、特に10代のライダーは何かやってやろうと血気盛んなのでレッドゾーンに入らないようコントロールしながら前々で展開。写真で見ると見事に縦。後ろはかなりきつかったのではないかと思います。
突発的にかかるアタックもお互いの協調体制が整わず決まりそうで決まらない感じ。エンジン、ガソリンともに軽自動車の僕にとってこれがコーナーでの立ち上がり以上に神経使ってまたきついんですよね。

DSC_7106
photo by kikuzo

DSC_7118
photo by kikuzo

決定的な逃げが決まらないなか終盤を迎え周りを見渡すと10代と40代のライダーが多い事(笑) 僕らも頭を使って若者たちに対抗しているわけですが、ここ最近の平田クリテが変わったと思うのはとにかく若い子達が積極的に何かやってやろうというスタイル。ついつい僕も反応してしまいますが、こうやって年齢関係なくガチンコでレースが楽しめる環境って東海のレースイベントくらいではないでしょうか。いや楽しすぎる!

DSC_7148
photo by kikuzo

DSC_7171
photo by kikuzo

そんなこんなで可もなく不可もなく最後は特等席で最後のスプリントを観戦する形で10位フィニッシュ。森崎君と児玉さんのガチなスプリントはなかなか見応えありましたが、蓋を開けたら完走者も半数以下という超サバイバルなレース展開でした。OMNIUMを投入し新たなペダリングの可能性を探るなか少し無駄が多かったのが今回のレースの反省点。いつもより重いギアを使っていたのでこれが後半の疲れの原因だったかもしれません。ともあれピストのペダリングは間違いなく今以上に省エネでレースを展開できるので来月に向けまた一から出直してきます。沢山の声援ありがとうございました。

バイク GIANT PROPEL ADVANCED SL
サイコン GIANT NEOS SYNC
ホイール FRONT 38o sfiDARE PASSERO
ホイール REAR 50o sfiDARE AQUILA
タイヤ IRC TIRE F FORMULA PRO RBCC 25C 8bar R FORMULA PRO RBCC 25C 8bar
アイウエア CLT ACUTUS MAT BLACK
ウエア CLT プロフィット半袖ジャージ、プロフィットビブパンツ
シューズ SIDI WIRE CARBON LUCIDO

posted by HATCH at 08:00| Comment(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: