CLT BLEND COFFEE by Bucyo coffee

2017年04月06日

はままつMTBフェス4耐レースレポ

IMG_6911.jpg

はままつMTBフェスティバルのメインイベントであるチーム対抗4時間耐久レース。以前は公式のJシリーズとして開催されていた歴史のあるレース。CJが発足してからはローカルレースとなりましたがこれがまたヨシ!キッズ、女性の参加者も多くエキスパートまでが楽しめるイベントということで、今回は東海クロスチャンプ36隊岩田君がメンバーに加わり勝つ気満々でエントリーしました。何気にチーム内で一番負けず嫌いの岩田君が入ったということで若手に任せ…。ということではままつ4耐のレースレポをお届けします。


スタートはコウタ君に任せ、序盤は2周交代で岩田君7周のルーティン。僕はというと、今回のレースのオープニングラップのスターターという大役を頂きましたので、トラブルのないよう序盤をスローに、集団がバラけたところでスピードアップ。おかげさまで落車もなくキッズまでがうまく一周目を終え事なきを得え大役を終える。この動画を見て頂くとお分かりかと思いますが、当日エントリーもあり昨年以上に参加者も倍増。年々参加者が増える今イベントですが、ブームは乗っかるものではなく作り出していくものだと再確認。2.6qのコースを100チームが一斉に走る光景は凄いです!



IMG_7131
photo by nori d

IMG_7307
photo by nori d

岩田君が7周回走る間に、スターターを終えた僕はというと、部長のとこのなっちゃんとチームを組んだうちの子供が走る順番がきたのでまずは一緒(運営サイドに承諾を得ています)に走る。やはりいきなり速い大人と走るのは怖いですよね。その後は安心したのか子供たち二人で考え交代しながらしっかり4時間走りきましたが、でもこうやってキッズからエキスパートまでが一緒のフィールド、一緒の時間を共有できるのがローカルレースのいいところですね。

IMG_7285
photo by nori d

IMG_7276
photo by nori d

IMG_7101
photo by nori d

そんなこんなでバタバタしながら7周を走り終えた岩田君とバトンタッチ。前日のシクロクロスの疲労がもろに残っているので前走者をパスする際にスピードダウンする瞬間にホッとしたりw 一度は2位の平賀君率いるサッサーズチームに20秒差まで詰め寄られるも、その差が東海クロスチャンプ岩田君、コウタ君に火をつけたのか最終的には4分近くの差をつけて参加チーム唯一42周回を走り見事総合でも優勝!

Untitled

前走者をパスする際にスピードダウンしたりと周回ごとにムラが少しありますがアベレージ的には垂れずにみんな同じペースで周回を重ねれたのも唯一の42周回につながったと思います。こうやってあとで分析できるのもワキタソフトさんの計測システムのいいところですね。これで春の耐久レース勝手にシリーズ戦を3連勝で終える事ができました。次回は9月10日の茶臼山4時間耐久レースです。引き続き挑戦者求む!みんなでMTBを楽しみましょう!!




いやいや!と言っていた今年の春で2年生になるうちの子供も楽しんでくれたようで2日間の成績以上に嬉しかったり。MTBには言葉では説明できない楽しさがあるんでしょうね。何はともあれ今東海のローカルレースがアツい!

バイク GIANT XTC ADVANCED 2
Fフォーク MAGURA TS8 R DLO2 100psi
タイヤ IRC TIRE MIBRO FOR MARATHON TUBELESS READY F 1.6bar R 1.6bar
アイウエア CLT Schwartzi EAGLE VIEW、Julii EAGLE VIEW、Acutus
ウエア CLTプロフィット半袖ジャージ
ボトムス CLT SURF PANTS
シューズ SIDI DRAKO carbon sis vernice

posted by HATCH at 11:49| Comment(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: