CLT BLEND COFFEE by Bucyo coffee

2017年03月21日

GIANT XTC ADVANCED インプレ

IMG_6510.jpg

連休最終日はサイクリスト仲間といっしょにトレイルライドへ。もう4年近く29インチのXCバイクに乗り続け2014年にXCOの全日本マスターズチャンプを獲った時ももちろん29インチでしたが今シーズンより投入した27.5インチのGIANT XTC ADVANCED 2がとにかくご機嫌で昨日のトレイルライドもかなり楽しめました。ここ最近MTBに興味がある方が多いのを感じますが、シェイクダウンからレースを3戦しポジションも出てきたのでインプレをお届けしたいと思います。

DSK_7043
photo by dsk24

初めて27.5インチに乗るわけですが、29インチからの乗り換えは実は全く違和感がなくこれは愛してやまないIRC TIREの27.5インチのタイヤ幅が2.1ではなく2.25設定だからというのもあるかもしれません。外見的なものですが最初は太いと思っていたタイヤ幅も走ると29インチと同じように転がりもよく、今はMIBRO FOR MARATHONをメインで使用していますがG-ClOWなどほかのタイヤを使って走るのも楽しみですね。むしろタイヤ径が小さくなったことで漕ぎが軽くなったのが第一印象でした。
実は乗り換え時に一番苦労したのが29インチ175oのクランクから27.5インチ170oのクランクに変えたことですがここはレースを熟すことによりセッティングも煮詰め特に問題ない状態になっています。

DSK_7041
photo by dsk24

IMG_8603

さて、29インチが走破性に特化するのであれば27.5インチはコーナーとコーナリングの立ち上がりに特化するところでしょうか。そういった意味では26インチと29インチの間で良いトコどりの27.5インチはバイクコントロールする楽しみと少ないパワーでバイクを進められる事が個人的にもお気に入りのポイント。GIANT XTC ADVANCEDはGIANTが作るカーボンロードやカーボンシクロクロス同様に剛性もありとてもバランスがよく、リア三角のウィップを使うことによりよく進む。トキトキのサドル高でバイクをここまで倒したりジャンプできるのもバイクバランスがいいからでしょうね。

161_20170305_D5N_4375
photo by BOSS photograph

総括するとエリートレーサーではない今の僕にはトータルバランスのいい27.5のXCバイクであるXTC ADVANCEDがピッタリ合っている。ついつい海外のサーキットを見がちですが、国内のサーキットには海外のように路面のキレイな高速コースは殆どない。現状3レースこなしたなかでレースやトレイルで29インチと一緒に走るなか特に引け目を感じる事はなく、MTBの醍醐味である下りやコーナーなどアドバンテージをかなり感じます。要は乗り手がどこに一番を置くかだと思いますが王滝などロングディスタンスメインではないので日本の山を走るにおいて乗って楽しい!の27.5のXTCはベストバイクです。もう29インチには戻れないかも!?

GIANT FATHOM


MTBブーム再到来?!ここ最近今シーズンシクロクロスを始めた方やロード乗りからマウンテンバイクが気になるという質問を受けますが、いきなりレースバイクはハードルが相当高いと思います。そんななか先日GIANTストアに行った際に目に入ったGIANT FATHOM(ファゾム)。ドロッパーポスト、SR SUNTOUR AXON、SLXの装備で155.000円!?外見も超クールでこれ一台でほぼ全て網羅出来るのでは。来シーズンのシクロクロスに向けスキルアップしたい方にはオススメだと思います。
幸い東海地方はかかみ野や26ismや阿寺MTBパーク、GONZO PARKなど沢山の施設があるのでMTBを乗る環境は最高だったりします。自転車の醍醐味はやはりバイクコントール。これ一台でローカルレースまで楽しめるのでぜひ今シーズンはMTBをはじめてみてはいかがでしょうか。もちろん僕のバイクはブースでいつでも試乗可能なのでぜひお試しください。

posted by HATCH at 10:33| Comment(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: