CLT BLEND COFFEE by Bucyo coffee

2017年03月07日

sfiDARE WHEEL PASSEROのススメ

DSC_3203
photo by kikuzo

ロード、シクロクロス、ツーリングとジャンルレスで僕のバイクの足回りを支えてくれているsfiDARE PASSEROとIRC TIREのチューブレスタイヤシリーズ。ダート、オンロードともにレースでは脚力のない僕にプラスアルファの走りを与えれくれ、ツーリングやトレーニングでは転がりの軽くトラブルを軽減してくれることで、おかげさまで快適なサイクルライフを送ることが出来ています。

DSC_6227
photo by kikuzo

ロードはsfiDARE PASSEROにIRC TIRE FORMURA PROシリーズの23C〜28C、シクロクロスレースにはIRC SERAC CXシリーズをそれぞれのレースやシチュエーションによって使い分けています。チューブレスを使用し始めた4年前から今まで、レースではほほ100%に近い状態でトラブルがないのもこの二つが抜群に相性がいいということはこのブログでも数えきれないほど書いてきました。強いてトラブルを挙げるとしたらトレーニングに出掛けた際パンクしたくらいなのでこれはチューブド、チューブラーでも当たり前に起こりうるのでトラブルにカウントしなくてもいいかなと思うくらいです。


さて、ロードは今現在9oのクイックが主ですが、徐々にシクロクロスのようにスルーアクスルの波がジワジワと押し寄せています。われわれホビーユーザーにとってディスクロードはメリットのが多いと個人的には思っていますが、2年前シクロクロスも沢山の論争がありましたがもう誰も言わなくなりましたね。GIANTさん、Shimanoさんが動いたということはTCXのように規格も12oに統一されていきそうですね。
そんななか時代の流れはとにかく早く流動的でどうしても僕らエンドユーザーはその都度機材交換を余儀なくされてきましたが、それが理由でバイクが変えられない!なんて話もブースでよく聞きます。


しかし僕らチームはsfiDAREのおかげでここ最近の流動的な流れに困る事なくバイクをチェンジしています。シクロクロスにおいてはF 9o、R 9oのカンチからホイールをスイッチした後はF 9o、R 9oクイックのディスク。F 15oスルーのディスク、R 9oクイックのディスク。そして今回乗り換えたTCX ADVANCED PROの前後12oスルーのディスクとホイールそのままにとハブとスルーに関してはシャフトを交換するのみで安価にバイクを3台乗り継ぐことができました。
当たり前すぎてこれって意外に凄い事っていうのに気付いたのが周りのライダーの悩みを聞いた最近だったりしますが、デカールがフレームに合わせてカスタムできるのもsfiDAREの魅力ですね。ホイール、タイヤはブースでいつでも試乗できるのでお気軽にご相談ください!KEEP RIDING!!

sfiDARE WHEEL→

posted by HATCH at 11:21| Comment(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: