CLT BLEND COFFEE by Bucyo coffee

2017年02月21日

KINAN AACA CUP1-1レースレポ

IMG_5791.jpg
photo by nakao

シクロクロスシーズンが始まりすっかりご無沙汰になってしまいましたが半年ぶりのKINAN AACA CUPへ。僕自身は実業団に登録していませんが、昨今はJPTのトップライダーも多数参加していることもあり、ライセンスがなくてもそれ以上のエキサイティングなレースが楽しめるKINAN AACA CUP。今回は次週に東海CXを備え最終の追い込みをかけるために久しぶりのトップカテゴリー1-1にチャレンジしました。結果は…

IMG_5703.jpg

信頼の機材。僕自身ここ最近は本当に乗る時間がなく月間300qもトレーニングができればいいところ。300qのルーティンのなかにシクロクロスという強度の高いレースをこなすことにより何とかコンディションをあげるなか、92q完走を目指すより60分間しっかり前でレースをすることテーマに決めスタートに立つ。AACA CUP、翌日の平田クリテと続くのでここはレース走る前から公言していましたが、あわよくばやはり完走したいところということで身体を冷やさないようベストもVELOTOZEも着用し装備だけは万端に。

IMG_5789.jpg
photo by nakao

IMG_5704.jpg
photo by kikuzo

KINAN、那須ブラーセン、インタープロサイクリングアカデミー、マトリックスが参加者の半数を占め70人オーバーと超人気のAACA CUP1-1。もちろん序盤からアタック合戦。60分限定でレースメイクを考えていたのでスルスルっと前に上がり僕も前々で展開していく。早々に吸収されるもアタックに乗ってみたり。長良川名物のZコーナーの立上りも登り坂もかなり気をつけていたので感覚的にはレッドゾーンまでいかずいい感じで予定の60分を過ぎると少し物足りなさを感じる。

IMG_5788.jpg
photo by nakao

IMG_5790.jpg
photo by nakao

チームからは60分過ぎるている!と忠告があるものの身体が予想以上に動いたのでここからは41歳になった自分の身体はどうなるかを見てみたく毎周回チームメイトから忠告があるもののレースを走る。こういったチャレンジができるのもトレーニングレースとしての位置づけであるローカルレースのいいところですね。果たして新たな発見があるのか。おそらくこの70人のなかでもおそらく歳も重ね練習量が少なくパワーもないなかどう工夫して走れるのか。エアロロード、チューブレスタイヤ&チューブレスホイール、機材の恩恵を最大限活かし無駄のない走りを徹底する。

IMG_5705.jpg
photo by nakao

周回を重ねる毎にライダーが少なくなっていく後半戦。辞めるか走るか迷いながら走っていたのがよくなかったですね。完走も目の前に迫ったラスト3周のZコーナーで筋肉に違和感を感じたので大事をとってDNF。おそらく無理をすれば完走は出来たと思いますが今回のテーマは身体を壊さず東海CX最終戦を迎えること。次の日の平田クリテリウムも大事なので大人の選択をチョイスしました。レース降りてからは3本ローラーでしっかりリカバリー。さて次の日の平田クリテは…。レース中60分以上走ってるよ!と周りから心配頂きましたが沢山の声援ありがとうございました!

バイク GIANT PROPEL ADVANCED SL
サイコン GIANT NEOS SYNC
ホイール FRONT 38o sfiDARE PASSERO
ホイール REAR 50o sfiDARE AQUILA
タイヤ IRC TIRE F FORMULA PRO RBCC 25C 8bar R FORMULA PRO LIGHT 23C 8bar
アイウエア CLT ACTUS
ウエア CLT 長袖ジャージ、ナイロンベスト、プロフィットビブパンツ
シューズ SIDI WIRE CARBON LUCIDO
シューズカバー velo TOZE


posted by HATCH at 10:21| Comment(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: